Make your own free website on Tripod.com
ありふれた日常〜学校

「ねえ、孝之くん、起きて」
「おい、孝之、早く起きろよ」
「孝之、いつまで寝てんのよ!!」

ガツンッ!

「おわっ、なんだあ?」
 突然襲った衝撃に、目を上げると、遙・慎二・速瀬が俺の机を取り囲んでいる。
なんだか3人そろって呆れ顔のようだが、気のせいか?
人が寝ている机を、力一杯蹴りとばすような奴は、速瀬しかいないので
とりあえず文句つけてみる。

「速瀬!俺の眠りを妨げるとは、一体どういうつもりだあ?」
「あたしに文句言う前に、周り、よく見たほうがいいと思うよ」
「あ、周り?」
首をめぐらせて見ると、あちこちで机がくっつけられて小グループができている。
その上には色とりどりの弁当箱やコンビニ袋。
どうやら、寝ている間に4時間目が終わっていたらしい。
よく見れば3人とも昼食持参だ。
「よーし、それじゃいつものとこ行こうぜ」
弁当持って歩き出した俺の後ろで、慎二の声が聞こえた。
「終わりの礼まで、無視して寝続けるとは。あれで、同じ受験生だって言うんだから、
信じられないよな」
カエスコトバモアリマセン・・・

2学期になると、遙は昼休みに俺たちのクラスへ来るようになった。
時には、お手製弁当も持ってきてくれる。嬉しい反面、照れくさくもあって、
4人で屋上へ行くことが多くなった。本当なら、丘まで行って
ピクニック気分を味わいたいところだが、ちょっと遠いんだよな。

「そういや、孝之、昨日実力テストの結果、返ってきただろ。どうだった?」
「よくぞ聞いてくれました、慎二くん。白陵大で合格判定Bプラス取ったぞ」
「ほんとー? 孝之くん、すごいっ! 夏休み中、ずっとがんばったもんね」
とても嬉しそうな笑顔で、遙が喜んでくれた。
その笑顔が見られるなら、俺はもっとがんばれるさ。
「『休み明けの実力テストはかなりやれると思う』なんて大見得切ってたから、
どうなるかと思ったけど、孝之もやるわねえ。確か、前のテストじゃ
Cマイナスだったもんね」
「どうだ速瀬、恐れ入ったか」
「何言ってんの。今までぜーんぜんやってなかったから、効果がすぐに出ただけでしょ。それに、遙と慎二くんは当然Aプラスなんだから、もっとがんばんないと追いつくどころか、引き離されるだけよ」
ぐはっ、何てこと言いやがる。俺のささやかな達成感を粉砕しやがって。
「でも、孝之はほんとよくやってるよ。やっとやる気がでてきたんだし。
このままいけば、白陵大で、また一緒にバカやれるさ」
さすが慎二、ナイスフォロー!

「そういう速瀬は、どうなんだ?」
「あたし?ご心配なく。次の記録会には、推薦先の水泳部監督も見に来るからね。
バッチリいいとこ見せて、目指せ、オリンピック!」
普段はあまり気にしないけど、こう言った話を聞くと、改めて速瀬の凄さが分かる。
マジでオリンピック狙ってほしいぞ。

「慎二、今日はどうする?」
昼休みが終わり、教室へ戻りながら、慎二に聞いた。
「えーっと、わりぃ。今日も予備校だわ」
「わかった。じゃ、遙、また放課後な」
「うん、またあとでね」
そう言って、遙はB組へ入っていった。
「毎日、よく続くわね」
速瀬が感心したように言った。
「速瀬だって毎日泳ぐだろ。それと同じさ。もう習慣になってるとこあるし」
「1学期の孝之からは想像もできないな。毎日、勉強するなんて」
これも夏休み明けから始めたことだが、遙と学校帰りに一緒に勉強している。
予備校が休みのときは、慎二も加わる。
場所は、学校の図書室だったり、柊町図書館だったりと、まあいろいろ。
最初の頃は、この俺が、図書室で勉強なぞしていると、3年の図書委員が、
珍獣を発見したみたいに驚いてた。
「さて、あと2時間がんばりますか」
席に座りながら、ぼそっとつぶやいた瞬間、教室の反対側から、速瀬のツッコミが
飛んできた。
「居眠り以外でがんばってね〜 孝之が眠ると、眠りキノコが飛んでくるから〜」
遠距離攻撃はやめろ。って言うか、なぜ聞こえる?おまけに眠りキノコってなに?
俺の疑問をよそに、先生が入ってきて、5時間目が始まった。

2学期になってから思うのは、俺たち4人の歯車がうまくかみあってるなってこと。
それぞれが目標を持ち、お互いに助け合いながら努力し、その成果もちゃんと出てる。
この仲間の結びつきは強いよな。俺も今、自分にできることを一生懸命やろう。
それが、遙の笑顔になり、仲間を強くするから。

fin
================================================================================

 無事終わった夏休み、そして始まる2学期。
 書いてる本人が、その光景を見たくて、SSにしてみました。
 ご感想、ご指摘などいただけると、とても嬉しいです。



ギャラリ〜へ