Make your own free website on Tripod.com
遙かなる想い
春の香りが風に舞う
丘にたゆたう私の思いを
香りにのせてあの人の元へ

桜のつぼみがふくらんで
坂の小道を希望でつつめば
あなたの想いが舞い降りてくる

今の私を包み込む
さらさら光る陽春の明かりは
いつも私を見守ってくれる
あなたの腕の中みたい

だから私は信じてこれた
今日につながるこの細い道
だから私は進んでいける
未来につながる果てしない道

きっと、きっと大丈夫
溶けた心は離れない
あなたをずっと信じてる
私をずっと信じてる

もっと、もっと前を向いて
あなたはきっとそこにいる
あなたを信じる私を信じて
私はそっと歩き出す

想いを馳せるあの丘の上
きっとあなたは待っている・・・




感想・批評・アドバイスお待ちしております〜☆
より趣深いストーリーが語れるように、皆さんご協力下さい(^^)
掲示板・メールで感想をお待ちしています☆
ギャラリ〜へ